メッセージ

アペックスは1975年の創業以来、日本の製造業の研究開発、商品開発、量産を支援してきました。その間、日本の製造業を取り巻く環境は様々に変化してきました。たとえば映像機器、音響機器、通信端末、カメラなどはその成り立ちから大きく変化し、自動車ではナビゲーション、運転支援システムなど創業当時では想像できない商品が開発されました。
アペックスはこれらの環境の変化に対応するため長年培ってきた技術に加え、新技術の習得や様々な設備投資を行ってきました。現在も光学設計、電子制御プログラム、ユーザーインターフェースなどアペックスが提供する技術分野はとどまることなく進化しています。
アペックスはこれからも新しい技術と才能ある人材を積極的に取り入れ研鑽を積み、次の6つの心掛けをもって顧客の皆様の研究開発、商品開発に日々貢献してまいります。

「時間と予算を有効に使い、最大限の技術とサービスを提供します」

アペックスは、お客様の試作、開発、量産で大きな成果につながる技術とサービスを提供します。限られた時間と予算の中で、良い成果をお客様にお納めすることを目指します。

「よく聞き、よく考え、話します」

アペックスは、お客様のご要望をよく聞くように心がけています。お客様がなにを求めているのか、どんな成果を目指しているのか、よくお聞きします。そしてよく考えてからお答えします。良い成果をお客様にお納めするために、よく聞き、よく考え、話します。

「常に新しい知識を学び、変革します」

アペックスは、新しい知識、技術を学び、お客様に提供できるように準備しています。
それは「よく聞き、話す」なかで、お客様が求めているものが、我々が学んだ新しい知識かも知れないからです。

「粘り強く、すぐに諦めません」

アペックスは、すぐに諦めません。問題を率直に捉え、こだわりを捨て、打開する努力と発想の転換を行います。お客様の成果のために粘り強く取り組みます。

「機密を守ります」

アペックスは、お客様の研究開発や製品情報に深く関わります。機密保持は最も重要なことだと考えています。 重要な情報は機密保持契約の後にお聞きします。ご提供する技術やサービスも契約の後にお話しいたします。

「活き活きと勇気をもって仕事をします」

どんな企業も、社員の活き活きとした活動なくしては強くなりません。
ものをつくり、サービスを提供し、問題を解決するのは、社員一人ひとりなのです。保身が発展を遅らせます。アペックスの社員は一人ひとりが勇気を持って、活き活きと仕事をします。

アペックスはあたらしい技術と人材を求めています。一つの技術分野にとどまらない複数の技術の知識や経験を持つ人、学ぶ意欲をもった人材を優遇しています。採用ページに掲載した以外の職種でも弊社にご興味を持たれご自身の技術に自信のある方は是非ご連絡ください。


代表取締役社長
景山 敏行

Page Top